Bean Salad

白いんげん豆ダイエット

いんげん豆は古くから親しまれてきた食材ですが、中でも白色のものに1980年代からダイエット効果が認められています。
現在、白いんげんで検索をかけると下痢や嘔吐といったキーワードが上がってきて驚かれるかもしれませんが、白いんげん豆そのものに罪は全くありません。でなければ現在まで親しまれている食材であるはずもありません。

これはテレビ番組が不十分な加熱処理の調理法をダイエットレシピとして紹介したために、厚生労働省まで乗り出す騒ぎになってしまった結果であり、白いんげん豆はとばっちりを食っただけなのです。豆類は生食の出来ない野菜ですから充分な熱処理をしていなければお腹を壊して当然です。

さて、その白いんげん豆のダイエット効果には「ファビノール」「ファセオラミン」という成分が働いています。これらはすい臓に働きかけ消化の際に炭水化物、つまりは糖質を吸収する働きをブロックする成分です。また糖質が脂肪に変わる働きも邪魔するため、結果太りにくい体作りに一役買うというわけです。

これらの効果は確実に認められたものですし、また豆類は栄養豊富で体によいものですので、是非白いんげん豆を食卓に上らせることをお薦めします。
充分な加熱処理をすれば全く問題のない食物ですが、調理法に自信がない場合はサプリメント類を摂られたほうがいいかもしれません。「ファビノール」「ファセオラミン」などの成分を重視して抽出しているためこちらのほうが効率がよい場合もあるでしょう。
また間食などに白いんげんを使用した甘納豆などの和菓子を選ぶという選択肢もあります。

Comments are closed.