Catchy Colors

酵素で痩せる 1

酵素とはいったい何でしょう?体を機械にたとえるなら、酵素は組み立てるための工具のようなものです。スパナかもしれないしニッパーかもしれません。酵素には様々な種類があり、体内で消化・吸収といった代謝機能を助けています。酵素なしで体は生きていけないでしょう。
ビタミンやミネラルをどんなに沢山とっても、酵素の働きが充分でなければあまり意味がありません。

酵素が不足しているので代謝が悪い……つまり脂肪が燃えにくくなっているのではないか?こういった面から健康だけでなくダイエット効果を狙った酵素食品が増えてきました。ではどうして酵素は不足してしまうのでしょう?

まずは毒素の分解。生きているという事は耐えず毒に晒されているということでもあります。空気中には細菌やウイルスが沢山いますし、自然の日光でも紫外線は毒なものです。適度な量なら薬になるアルコールも、体内で分解がうまく行かなければ単なる毒になってしまいます。
こうした毒のために活性酸素が生まれます。酵素はこういった活性酸素に対抗するために坑酸化酵素を生み出します。しかし外部からの毒素があまりに多いと追いつかない場合もあるのです。

次に酵素不足の原因となるのが食べすぎです。消化・吸収には酵素が非常に大きな役割を果たしています。ですので食べすぎると大量の酵素が使われてしまいます。これはダイエットの観点からみてもよくない事ですが、酵素不足は代謝を落とす……つまり肌や髪などにも影響してきます。

Aroma Dome

プチ断食のすすめ 3

そしてプチ断食の最大の難関は実はどう気持ちを保つかです。どう工夫してもやはりある程度の空腹感は感じますし、そんなときに限って唐突に好きな物が頭に浮かんでしまいどうしても食べたくて堪らなくなったりします。こういった気持ちをどう抑えるかが成功への重要な秘訣です。

一番効率がいいのは、気軽に食べ物が存在しない場所に避難することです。無ければ諦めもつきます。ネットカフェや漫画喫茶などに通ってみるのもいいでしょう。注文しなければ食べ物はありません。やる事もあるので気分が紛れます。個室が無いのでくつろげないかもしれませんが図書館もいいですね。
ちょっとした旅行をするのもいいでしょう。常に新しい刺激に晒されていますから制限された食事でもストレスを感じる暇が無い状態になれます。

そういった非日常を送るゆとりはないかも……という場合は、日常を非日常にしてみるというやり方もあります。思い切って大掃除をしてみてもいいですし、やったことは無いけれど実はやってみたかったこと、例えば絵を描く、詩を作る、ダンスをやってみる、などに挑戦してみてもいいでしょう。
消化に力を使わなくてもいいだけ、脳は働きやすくなっていますので、新しいことにチャレンジしたりするのにはとてもいい状態です。もちろん伸ばし伸ばしになっていた仕事や習い事の課題をやるのにも最適です。
自分にとって集中できる何かを探してみましょう。またアロマなどで集中しやすい環境を作ることも効果があります。

Day 13: Need a Diet

プチ断食のすすめ 2

ですが注意したいことが二点ほどあります。
まずはプチ断食がそれなりに危険を伴うこともあることです。
上手にやらなければせっかく体重が減ってもそれは体に必要なはずの水分や筋肉、下手をすれば骨などが減っているからだ……という結果になりかねません。基本的には人間の体は飢餓状態に耐えられる構造になっていますので一回や二回のプチ断食で、それほどの危険はないと思いますが、飢餓状態に置かれた体は栄養を逃さないように太りやすい状態になってしまうのでダイエット目的のプチ断食には、やはり心配りが必要です。
対策法としては置き換えダイエット食品や、プチ断食用の商品を利用することがもっとも早道かもしれません。

置き換え型食品はカロリーを控え、栄養バランスを補う作りになっていますから安心できます。ですが空腹対策としてはやや不向きな面もあるかもしれません、満腹感が長続きする商品を探してみましょう。
プチ断食用の商品はプログラムを組んであったりと安心して行えるのが良いところです。

プチ断食のもう一つ注意したい点は、リバウンドしやすいという点です。先に書いた通り飢餓状態の体は太りやすくなっています。ですから、出切るだけゆっくりと終わりを向かえる必要があります。例えば3日なら3日間やりきったぞ!と喜んでいつもの食事を摂ると元の木阿弥に終わりますので、3日目か4日目には朝、昼、夜、と徐々に通常の食事の量と質に戻していく工夫が必要です。

This post holiday diet is a killer.

プチ断食のすすめ 1

どうしても即座に痩せなくてはいけない!というあなたはプチ断食はいかがでしょう。二日ほどで平均2、3キロ落ちると聞くと是非とも挑戦したいという気になりますね。
速攻派以外のかたにもお勧めしたい、いくつかの効果もあります。

プチ断食では食べ物を消化吸収する必要性がぐっと減ります。すると取り入れて出すという体の代謝機能は「出す」ほうに集中できるのです。ですから体の不要な物を出すデトックス効果も期待できます。
また新陳代謝機能の改善もあります。毎日の消化吸収で疲れている体にお休みをあげることによって、体がリフレッシュするわけですね。胃や腸だけでなく腎臓、肝臓、十二指腸……と消化吸収に関わる臓器は多いものです。
また、余分な物が入らず集中できるのは血管などの小さな、そして全体的な部位でも同じことが言えます。血流が良くなりますから、美肌効果もありますよ。
なんとなく体がだるい……という方にもチャレンジして欲しいものです。

さて、とはいっても「なんだか難しそう」と思う方も多いでしょう。一番心配なのがおなかが減ること、それを我慢できるかということです。
誤解が多いようですがプチ断食は全く食べないわけではありません。体への負担を最小限にする程度の食事量・食品内容にするということです。

方法は決まったものがあるわけではありません。一日まったく食事をせず、朝食・昼食をごく軽めに、夕食から通常の食事に戻すという人もいます。またジュースやヨーグルトなどで行う人もいます。

10 Things for June, Number Two: sate seasoning from Penzey's

ガジュツで健康ダイエット

ガジュツとは紫ウコンのことです(夏ウコンと称される場合もあります)ウコンといえばカレーのターメリックとして有名ですね。肝臓への効果から二日酔いどめとして、また美肌効果などもご存知の方は多いと思います。
このウコンと紫ウコンの何が違うのでしょう?まず紫ウコンはあの黄色の正体、クルクミンを含んでいません。そのため色が違うのです。クルクミンは非常に素晴らしい成分なのでこれを含まないのは残念ですが、かわりにそれ以外のシネオール、カンファー、アズレン、クルクメン、クルクモールといった成分をウコンよりも大量に含んでいるのです。また害虫や病気に大変強く、農薬が必要ないほどです。

特に注目されているのがこのシネオールです。シネオールはやはり肝臓に働きかけ、血中コレステロールを腸に排出します。他にもアズレンが腸内の老廃物を早めに排泄させる作用を要するなど100種類を超える様々な成分が複合的に働くことで、紫ウコンにはダイエット効果、胃腸疾患の予防、口臭対策、歯周病予防、血圧対策、坑炎症など、冷え性・便秘・こりの解消など数多くの効用があるとされています。

このように素晴らしい紫ウコンですが生のままの保存が難しく、産地は沖縄など熱帯になるため、入手はサプリメントに頼るほうが良いでしょう。

なお服用に関しては大豆、卵などに含まれるレシチンと同時に摂取した場合有効成分の吸収が高いため、一工夫するといいでしょう。レシチンを含む食材は多いので成分表を確認してみましょう。