Preparing with a good stretch!

L-カルニチン

食べても太らないお肉がある!?と紹介されて以来すっかりお馴染みになってしまったL-カルニチンは羊肉に多く含まれている成分です。牛肉にも含まれていますが量はおよそ三分の一ほど、何より脂肪は取り除いたほうがいいため、赤味だけのそっけない味を毎日食べるのは苦痛かもしれません。
サプリメントとして多く普及しはじめましたので、こういった形で摂るほうがやはり効率が良いと言えるでしょう。

L-カルニチンは体内の脂肪を燃焼しやすくさせる成分です。これは新陳代謝をあげるということでもあり、慢性的な疲労感やだるさ、憂鬱な気分を感じている方にもお勧めしたい成分でもあります。その体の活性化という働きは不妊治療の助けにもなると言われるほど。
実はそもそもL-カルニチンは脳神経の活性化に関与しているのではないかと研究で注目されたのが始まりで、エネルギー代謝効果は後から判明したものです。ですので、この頃忘れっぽくなったな……という方には体への活性効果だけでなく、脳への働きをも期待して頂きたいと思います。
また学習効果にも作用するという研究結果もあり、年齢は若くとも脳への作用をも期待していいでしょう。

利用法としては運動などの活動前、およそ30から60分ほどの時間に服用するのが最も有効とされています。これはL-カルニチンが非常に吸収効率が良く、短時間で体全体に成分が行き渡るためです。ですのでスポーツドリンクなどにもよく配合されています。

Comments are closed.